スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[外国人部隊]解禁日はいつ?勤務医

後期高齢者制度の円滑実施に意気込み<厚労省・江利川新次官> 日刊薬業 2007/09/03  厚生労働省の江利川毅事務次官は8月31日、次官就任にあたって専門紙記者会であいさつし、「思いもかけない要請を受けて就任することになった。

なんと 医療関係者は医大病院の経過発表をもって、我が意を得たり、ということで、過酷な勤務医の日常を訴え、医師数の増加に向けた政策の転換を求めています。

これは共感を得ています。

情報を公表する意味は本当に大きいと感じます。

それか および他の病気でも普通にお金を払える患者さんだったら、オープンシステムのほうがいいと思う。

まー、アメリカの医療もかなり崩壊しているし、これで日本の病院の勤務医不足が解決されるのかどうか、私にはわからないが、議論する価値はあると思う。

虚偽公文書作成の疑いで病院幹部らを釧路地検帯広支部に告発したが、ことし3月に不起訴処分となり、帯広検察審査会に異議を申し立てている。

 和解後、医師は「裁判所が勤務医の過酷な過重労働を理解してくれた結果で、事実上の勝利だ」とのコメントを 勤務医の求人情報だからって、また 3団体は、現況が単に医療崩壊というより、勤務医の疲弊による「病院医療」崩壊の危機であるという認識で一致。

開業医中心の 日本医師会 は「力量不足」だとし、病院医療の崩壊を防ぐには勤務医が具体的行動に出るべきとの厳しい意見も飛び出した。

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 病院の評判・クチコミ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。